いろいろなデオドラントを試してみます

これからの季節、なにかと汗をかくことが多くなります。
欧米人の女性は香水をつけて、臭いをごまかそうとしますが、日本人は無臭が一番よくて、臭いに非常に敏感な国民性を持っていると思います。

汗をかいたりすると、満員電車や満員バスのなかで、臭いがしていたりすると自分も臭いがしているんじゃないかな、と不安になってしまいます。

制汗スプレーやロールタイプの制汗用グッズは、夏場は必ず押さえておかなければならないアイテムになります。

私は特に汗かきなので、脇に制汗スプレーをして出かけるようにしています。
それでも胸の谷間などに汗をかいて、服に汗じみができたりします。

それで、お風呂に入った時に、クリスタルで脇をゴリゴリして臭いを予防するようにしています。
クリスタルは臭い予防にはとても便利なものですが、水気があると溶けてしまうので、保管が大変です。

デリケートゾーンの臭いも気になります。
最近はウォシュレットが普及しているので、昔ほどではないと思いますが、デリケートゾーンの臭いはタンパク質なので普通の石鹸では取れないと聞きました。

デリケートゾーンにはデリケートゾーン専用の石鹸をつかって臭いを抑えるようにしたほうがいいのです。
アメリカでは「EVE」というデリケートゾーン専用の液体石鹸があるので、シャワーを浴びたりするとその液体石鹸でデリケートゾーンを清潔にしていました。

汗臭くならないように夏場はいろいろなデオドラント用品を使って、爽やかな夏にしたいです。
資生堂のAg+などは臭いを消してくれそうなので、今年の夏は使ってみようかな、と思っています。

制汗とデオドラントが一つになっているものが便利そうです。
私はアメリカに住んでいましたので、アメリカ人がデオドラント用品をたくさん使っているのを知っています。

一番困るのが、体臭を香水でごまかそうとすることです。臭さと香水の臭いがまざって、気分が悪くなってしまいますし、日本人には向かないものです。